上手な退職の仕方

希望の病院(クリニック)から内定をもらい、「心機一転頑張ろう!」と意気込む中、在職中に転職活動を行っていた方には、まだ「退職交渉」が控えています。
現職の方々へあまり迷惑をかけず、円満に退職するためには、ある程度の退職スケジュールを自分で組むことが大切です。しっかりとした準備と段取りで転職活動を締めくくり、新しい職場で気持ちよくスタートしましょう!

退職までの流れ

1~3ヶ月前

退職の意思表示

円満退職をするためには、業務の引き継ぎや後任の人材補充をすることも考えて、1~3ヶ月前には所属科の師長や上長に退職の意思を伝えましょう。しかし、就業規則などに取り決めがなされている場合は、こちらに従うことが社会常識上妥当となりますのでご注意ください。

退職日の相談

ローテーションなどで勤務日程が決まる職種によっては、切りのよい時期を見計らう、年末年始を避けるといったことも大切です。仕事内容、職場の状況などを考慮して、無理のない退職スケジュールを立てましょう。

引き止められる場合もありますが、頑なに拒否する必要はありません。本当に自分の意思に迷いがないか確かめるいい機会なので、しっかりと話し合いましょう。職場の不満を理由にすることは好ましくありません。この先も顔を合わせることを忘れないでください。

2週間前

退職に必要な書類の準備

退職願は2週間前までには提出します。病院指定のフォーマットがある場合はそちらを利用してください。
また、退職に必要な手続きが多くあります。総務課などの担当の部署に早めに確認しましょう。

業務の引き継ぎ

自分の仕事を引き継ぐこととなる人に仕事内容をレクチャーして、あなたが辞めた後に混乱が生じないようにする必要があります。引き継ぎをスムーズに進めるためには、後任がきちんと理解できるように仕事内容や手順を解りやすくまとめておきましょう。ここをしっかりやっておくと、職場の方からも気持ちよく送り出してもらえるはず。

退職日

挨拶と備品の返却

保険証や備品の返却と必要書類を受理します。
担当の患者さんや上司・同僚など職場でお世話になった方に、今までの感謝の気持ちを込めて退職の挨拶をしましょう。

退職時の最低限のマナー

退職の意思表示をする際に注意したいのは、直属の上司より先に部長や院長などに話さないことです。直属の上司が管理能力を問われ、迷惑をかけることになりかねません。また、何よりも本人の機嫌を損ねることで、後々の引き継ぎなどに困難が生じる可能性があります。そして、仲のよい同僚に話したい気持ちもグッとこらえてください。そこから上司の耳へ入るのもトラブルのもとです。よほど信頼のおける相手以外には極力避けた方がよいでしょう。

退職時に返却する&受け取るもの

返却するもの

健康保険被保険者証
制服、ナースキャップ等の備品
社員証やIDカード、名刺など

受け取るもの

年金手帳
離職票
源泉徴収票
雇用保険被保険者証

退職のご相談もお伺いします。無料転職サポートをご利用ください!

お電話でのご利用はこちら 0120-613-617
メールなら24時間受付中 オンライン受付

PICK UP/ 特集

夜勤常勤の求人

月9回~のみ、年収550万円~

訪問介護の求人

残業無しで高給与
ブランクも応相談の求人有り